アズビル金門について

会社沿革

1904年 金門商会を創始、東京市神田区及び本所区に工場を新設
国産初のガスメーター十文字乾式A型を開発
1912年 東京府北豊島郡巣鴨に本社及び東京工場、大阪市に大阪工場、福岡市に福岡工場を新設
1913年 十文字式平円盤型、翼車型水道メーターを製造販売
1945年 東京都板橋区志村に本社及び東京工場を移転
1948年 金門商会を株式会社金門製作所とする
1953年 東京において株式店頭公開
国産初のプロパンガスメーター乾式PI灯を完成
1957年 東京証券取引所上場
1959年 大阪府東大阪市に工場を新設、大阪工場を移転
1961年 東京証券取引所、大阪証券取引所市場第一部上場(第一部・二部市場制導入に伴う指定替え)
1962年 金門石英硝子株式会社(株式会社金門コルツへ社名変更)を設立
1967年 金門電気株式会社を設立
1980年 株式会社白沢製作所を設立
1990年 唐津精器株式会社を設立
1995年 和歌山精器株式会社・瑞穂精器株式会社を設立
1996年 大阪工場・福岡工場を閉鎖
1998年 本店所在地を東京都板橋区志村より東京都板橋区大原町に変更
1999年 平成15年4月施行の新しい水道水質基準に適合した、鉛レス銅合金使用水道メーター「エコメーター」の販売を開始
2000年 本社機構を東京都文京区へ移転
東京工場の跡地を譲渡
2003年 大阪工場の跡地を譲渡
2004年 株式会社産業再生機構による支援決定及び「事業再生計画」の策定
株式会社金門コルツの株式譲渡契約を締結
100%出資の子会社、株式会社金門白沢他6社を製造請負会社等として新規設立
大阪証券取引所上場廃止
株式会社白沢製作所他7社を吸収合併
「事業再生計画」の一環として、従来株主保有株式の9割につき減資を実施
株式会社産業再生機構、株式会社りそな銀行及び株式会社みずほコーポレートによる第三者割当による優先株式の発行
株式取得により白河精機株式会社を子会社とする
2005年 金門電気株式会社株式譲渡契約を締結
株式会社山武が株式会社産業再生機構、株式会社りそな銀行及び株式会社みずほコーポレート銀行から優先株式を買取。当社の主要株主となる
2006年 株式会社山武が株式会社産業再生機構より譲受けた第1種優先株式を普通株式に転換。当社の親会社となる
株式会社金門光波株式譲渡契約を締結
「事業再生計画」の完了
2007年 株式会社山武を株式交換完全親会社とし、当社を株式交換完全子会社とする株式交換契約の締結
2008年 東京証券取引所上場廃止
本社機構を東京都文京区から東京都豊島区へ移転
2009年 世界水準の実流校正装置を備えた株式会社金門瑞穂株式を株式会社山武へ譲渡
2011年 当社と山武との技術の融合から生まれた「電池式電磁水道メーター」の本格販売を開始
本店所在地を東京都板橋区より東京都豊島区に変更
2012年 商号を株式会社金門製作所からアズビル金門株式会社に変更
金門環境設備株式会社が北海道金門工事株式会社、株式会社東北金門工事を吸収合併し、商号をアズビル金門エンジニアリング株式会社に変更



*2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください

このページの先頭へ