多様な働き方を実現するための取り組み

「多様性を活かす」ことで「仕事のやり方を見直す」
「仕事のやり方を見直すことで「多様性を活かす」

アズビル金門では、個人を成長させ、会社の成長につなげるための施策として、
一人ひとりがチャレンジ意欲を持てる会社になるための取り組みを行っています。


これまで

「会社の現状がよくわからない」
「10年後の自分がどうありたいかイメージできない」
そんな女性社員の問題意識から『多様な働き方を実現するプロジェクト』がスタートしました。
女性が活躍できるためには、環境のみならず、全社員の働き方が調っていなければなりません。『働き方を調える』ことは、制約のある社員でも個性を発揮できる機会の創出につながります。
性差に関係なく活躍する社員が増えることにより、イノベーションが生まれる可能性も高まります。
アズビル金門を取り巻く事業環境は年々大きく変化しています。かつてないほどのスピードで変化している外部環境の中で、いかに新しい発想を取り込んでいけるかが、会社をつないでいくための鍵になってくると考えました。
私たちは上記の思いに基づき、経営に寄与する効果が期待できるということを前提として、

  • 自立心の醸成
  • イノベーションの実現
  • 制度の充実
を目指し、日々、様々な施策の検討・実施に取り組んでいます。


いま

「個性を活かし、横のつながりを強くして、会社をさらに盛り上げたい!」という思いが集まり、社員の自発性を最大限に発揮する活動が展開されています。


社内勉強会

社員が講師となり、会社の製品やしくみなどについて学ぶ『社内勉強会』が積極的に開催されています。

写真1 写真2

DIW塾への参加

株式会社クオレ・シー・キューブ様が主催する、女性のための新規事業立ち上げのノウハウを学ぶビジネス研修『DIW(デュー)塾』へ、アズビル金門からは毎年複数名の女性社員が参加しています。
また6ヶ月間にわたる研修終了後には、経営層を含む社員に向けて、社内成果報告会を行っています。


写真3 写真4

職場いきいき委員会

事業所の維持・管理に留まるではなく、「働き方を調える」「働く環境を調える」の2つの視点から"いきいきとした職場づくり"を目指して活動しています。
「働き方を調える」では(株)ライフ・ポートフォリオ様監修のもと『会社の未来と自分の将来を重ね合わせる』をキーワードとして、まずはスタッフ部門を対象に約10ヶ月間に渡るワークショップを実施しました。
「自分も会社を動かす一員だ」という気持ち作りから「バトンをつないでいくのは自分」という意識の醸成へとつながっています。


写真5 写真6

これから

これまで行ってきた『点・線・面』の活躍から『層』の活動へと転換し、多様な働き方が実現できている状態に向けて、様々な施策の検討・実施を行っていきます。


女性活躍躍進への取り組み

2016年4月1日の女性活躍推進法施行に伴い、アズビル金門では下記の実現に向けて取り組んでいきます。


◆目標①◆
2019年度までに社員満足度調査における自己効力感に関する女性の満足度ポイント2015年度比で20ポイント向上させる

【行動計画】
  • 達成体験機会(成功体験)と代理体験機会(身近なロールモデル)の積極的創出
  • 現管理職に対する働き方改革・意識改革の働きかけ
  • 女性の職務充実、職務拡大による動機付けの促進

◆目標②◆
2019年度までに女性管理職を5名以上とするための取り組みを行う

【行動計画】
  • 女性を対象とした教育・研修の充実
  • 将来管理職への昇級が期待できる指導職層の積極育成
  • 現管理職に対する意識改革の働きかけ

このプロジェクトを通じて、変化を生み出した社員をご紹介します。


「できない理由」よりも「できる方法」を見つける


九州支店 業務グループ 中原 有希子




社内で行われたDIW塾の成果報告会を見に行ったことが、私の考え方が変わる大きなきっかけとなりました。
これまで女性社員に特化した研修が行われてこなかった中、身近な女性社員がDIW塾にチャレンジし、プレゼンテーションを行う姿は、とても感銘を受けると同時に、私自身に大きな反省をもたらしました。
仕事・家事・子育てにおいて自分と同じ環境の彼女達が、なぜここまで頑張り抜くことができたのか。
それは、「出来ない理由」ではなく「出来る方法」を彼女達は選んだということ。
自分は、子供のことや日々の業務等「できない理由」ばかりを並べて、チャレンジすることから逃げていたということに気がつきました。
同時に、「このままの自分では、会社からも世の中からも置いていかれる」と、強い危機感を抱き始めました。
「出来ない理由を見つけてチャレンジすることをあきらめてはいけない」
そんな思いを強く持つようになった私は、現在、今までの自分だったら決して踏み込むことが無かったフィールドで、新しい仲間とともに活動しています。



お問い合わせ

  • 製品へのお問い合わせ
  • その他のお問い合わせ
  • 電話・FAXでのお問い合わせ
  • 製品FAQ
  • 各種ダウンロードはこちら

このページの先頭へ