製品トピックス

計量法の省令(特定計量器検定検査規則)改正について

水道メーターのJIS対応とは?

背 景

平成17年3月に新たな水道メーターの日本工業規格(JIS)が発行された。
国際規格(OIML/ISO)がベース

新たな日本工業規格(JIS)を新基準とする計量法(特定計量器検定検査規則)の省令の改正(平成17年10月)が行われた。

| |

<目的:国際規格への整合>



スケジュール

<検定検査規則の省令改正スケジュール>

検定検査規則の省令改正スケジュール


主な変更点

1 器差性能基準の変更

  • 小流量域での精度の向上
  • よりフラットな性能の維持を求められています。


2 圧力損失基準の変更

  • 圧力損失の低減が求められています。
  • 最大流量時
旧基準
0.1MPa
→
新基準
0.063MPa


(例:25mmの場合)



3 耐久試験基準の変更

  • 試験流量が倍になりました。
    3000L/h⇒6300L/h(25mmの場合)
  • 試験時間が変更になりました。
    継続通水で10万サイクル(運転・停止15秒毎):900時間


4 検定ポイントの変更

旧基準
任意の2点
→
新基準
特定の3点







お問い合わせ

  • 製品へのお問い合わせ
  • その他のお問い合わせ
  • 電話・FAXでのお問い合わせ
  • 製品FAQ
  • 各種ダウンロードはこちら

このページの先頭へ