製品トピックス

水道メーターの所有者・管理者様へ忘れていませんか?水道メーターのお取り替え

ご家庭でお使いの水道メーターをはじめ、取引や証明に使用される計量器は、検定有効期限内のメーターであることが義務付けられています。
これは計量法という法律によって定められていて、一般家庭の水道メーターの有効期限は8年です。
マワリーナちゃん

Q:水道メーターの有効期限はどこを見れば分かるの?

メーターのフタの裏に貼ってあるシール、またはメーターに付いている封印玉で、お使いのメーターの検定有効期限を確認することができます。


Q:もし有効期限が過ぎたままの水道メーターを使い続けたらどうなるの?

(1) 6ヶ月以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金に処せられ、またこれを併科されます。(計量法第172条)

(2) メーターの性能劣化により、居住者様から回収した水道料金と比べて、管理者様が水道事業者(水道局)へ支払う金額の方が高額になる可能性があります。

Q:私設メーターであっても有効期限を過ぎたら交換が必要ですか?

はい、必要です。私設メーターであっても料金を徴収している場合、そのメーターは有効期限以内のメーターでないといけません。
■計量法で規定するメーターと有効期限について
「取引または証明に用いる計量器は、検定に合格し、かつ有効期間内のものでなければ使用できない」と定められています[計量法第16条(使用の制限)]。

【子メーター(私設メーター)】

建物所有者様や管理者様が当該建物の管理のために設置するメーターのことを「子メーター」または「私設メーター」と呼んでいます。親メーターで水道事業者(水道局)へ支払った水道料金を各戸の子メーターに基づいて案分・徴収する場合は子メーターも有効期限内のメーターでなければなりません。有効期限が切れたメーターを基に料金徴収をする場合、建物・施設の所有者や、管理者様に対し、法律により罰則が科せられる可能性があります(計量法第172条)。

【親メーター】

水道事業者(水道局)が集合住宅の供給用に設置・管理しているメーターのことを「親メーター」と呼んでいます。水道事業者(水道局)が有効期限内に取替を行います。


このページの先頭へ