電磁流量計

製品サービスメニュー

ガス機器
ガス機器製品ガイドダウンロード
ガスメーター
検針・計装関連機器
質流量計
ガス警報器・住宅用火災警報器など
レギュレータ
ガバナデータ伝送システム
その他
水道機器
水道メーター総合カタログ
水道メーター
検針ソリューション
温水メーター・積算熱量計・
その他流量計
その他流量計
  • 電磁式水道メーター MagneW™ FLEX+アズビル株式会社製

    形 MGT20□/22□

    電磁式水道メーター MagneW™ FLEX+
    外部電源式水道メーター
    外部の電源で駆動する水道メーターで、計量法に定められた工業用水、
    上水などの水使用量取引・課金用途
    • (1)2011年4月からのJISB8570の基準に則った計量法対応の水道メーターです。
    • (2)検定に対応したパルス出力に加え、管理用途のアナログ出力にも対応します。
  • 電磁流量計 一般形 変換器 MagneW™ FLEX+アズビル株式会社製

    形 MGG10C

    電磁流量計 一般形 変換器 MagneW™ FLEX+
    4線式一般形
    MagneW™ FLEX+シリーズの検出器と組合せて使用する変換器
    • (1)操作しやすい赤外線タッチセンサーによる変換器操作を実現し、現場での安全性が向上しました。
    • (2)エラーログ、製品情報を変換器内部の不揮発性メモリに記録、いつでも呼び出して確認することが可能です。
  • 電磁流量計 一般形/水中形 検出器 MagneW™ FLEX+アズビル株式会社製

    形 MGG11□/12□

    電磁流量計 一般形/水中形 検出器 MagneW™ FLEX+
    4線式一般形/水中形
    化学薬品、薬液、腐食性液、水溶液、水などの流量管理・制御用途
    • (1)口径2.5mm~1100mm(一般形)、15〜600mm(水中形)まで対応し、幅広い流量に適用できます。
    • (2)当社面間の検出器に加え、数多くの他社製電磁流量計のリプレースに対応したリプレーサブル面間を提供します。
    • (3)鏡面仕上げのPFAライニングを口径2.5mm~600mmまで標準でラインナップしています。付着性の高い流体に対し、清掃などのメンテナンス頻度低減に貢献します。
  • 2線式電磁流量計 一般形MagneW™ Neo+アズビル株式会社製

    形 MTG11□

    2線式電磁流量計 一般形 MagneW™ Neo+
    2線式一般形
    化学薬品、薬液、腐食性液、水などの流量管理・制御用途
    • (1)差圧圧力発信器同様のDC24V、2線計装を実現した電磁流量計です。
    • (2)一体形、分離形に対応した2線式電磁流量計です。
    • (3)消費電力は0.1W 以下で省エネルギーに貢献する電磁流量計です。
  • 潜水形電磁流量計 MagneW™ 3000 FLEX+アズビル株式会社製

    形 NNK140/941

    潜水形電磁流量計 MagneW™ 3000 FLEX+
    4線式排水積算体積計
    常時水没かつ開水路・暗渠における排水流量管理、または計量法に定められた排水総量規制対応用途
    • (1)排水総量規制に対応し、計量法に規定された排水積算体積計として適用可能です。
    • (2)開水路に設置できる電磁流量計で、もぐりオリフィスの原理を用いた高精度な排水積算体積計です。
  • 電磁式積算熱量計アズビル株式会社製

    形 MCJ□□□

    電磁式積算熱量計
    4線式積算熱量計
    計量法に定められたビル空調におけるテナント単位での熱量使用量に応じた温水使用量課金用途
    • (1)ビル空調における使用熱量を計量し、課金するための計量法で規定された積算熱量計です。
    • (2)JIS B7550:2017対応済
      テナント課金に最適な口径25mm、40mmを準備しています。
  • キャリブレーション紹介

    JCSS計量法校正事業者登録制度の登録を受けたトップレベルの流量計生産・校正設備

    上流直管長最大50Dを確保した配管

    ■上流直管長最大50Dを確保した配管

    最大口径は1200mmまで対応します。質量法によるはかりは9台装備し、生産能力は30,000台となります。

    立ち会い検査用専用設備

    ■立ち会い検査用専用設備

    口径200mmまで対応します。お客さまに安心して確認いただける設備をご用意いたしました。

    校正装置(タンク)

    ■校正装置(タンク)

    高さ35mのタンク。オーバーフロー高架水槽になっており、水頭差を一定にできるタンクです。

    アズビル京都株式会社は、「流量・流速(液体流量計)」のJCSS(Japan Calibration Service System、計量法校正事業者登録制度)の校正事業者として登録されており、流量計の生産だけでなく、一般校正・JCSS校正も可能です。

    JCSSとは、1993年の改正計量法施行により高精度な計測や品質管理の信頼性確保を目的として導入された校正事業者登録制度です。
    一般の校正が自己宣言により実施できるのに対し、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)が認定するこのJCSSは、事業者の品質システム、校正方法、不確かさの見積もり、設備などが校正を実施する上で適切であるかどうか、また定められたとおり品質システムが運営されているかが審査されて、登録されるもので、JCSS標章をつけた校正証明書の発行が可能になります。
    アズビル京都株式会社の「流速・流量(液体流量計)」に関する校正事業者登録は、口径2.5~1200mm、0.002~5090m3/hの範囲であり、最高測定能力は0.1%となります。これは、日本国内において最も幅広い口径・流量範囲で、トップレベルの校正測定能力を保持しています。またアズビル京都株式会社は、校正事業者に登録されたと同時に、国際MRA※(Global Mutual Recognition Arrangement)対応認定事業者としても認定されております。

    ※国際MRA(Mutual Recognition Arrangement)
    MRAとは多国間の相互承認のこと。国際相互承認とは参加している認定機関の間で相互評価(ピアレビュー)を行い、認定機関の運営が国際的な基準であるISO/IEC 17011に基づき行われており、ISO/IEC 17025を認定基準として使用していることが評価されています。JCSSは、1999年にILAC(International Laboratory Accreditation Conference、国際試験所認定会議)/APLAC(Asia Pacific Laboratory Accreditation Cooperation、アジア太平洋試験所認定協力機構)の相互承認に署名をしており、国際的な基準に適合した認定機関の運営が評価されています。
    ※水道メーター(型式MGB12A、MGTを含む)は再キャリブレーションすることができません。

カタログダウンロード

仕様表